Pan Pop Paradise(パンポップパラダイス) カリブの国からやってきた「スティールパン」を自在に操る陽気で元気な男女9人組楽集団のPan Pop Paradise(パンポップパラダイス)がニューアルバムを発売する。
 地球上で最も癒される音色を出す楽器として知られる「スティールパン」は、ドラム缶を叩いて変形して作られた音階のある打楽器で、独特の響きを持った音色が特徴。カリブ海最南端の島国・トリニダードトバゴ共和国で発明された楽器で「この20世紀最大のアコースティック楽器の発明」と言われる程だ。そして、今、そのスティールパンを自由自在に操る日本人音楽集団Pan Pop Paradiseが、熱い注目を集めている。
 Pan Pop Paradiseは川崎市・洗足学園音楽大学の打楽器課卒業生たちで結成されている音楽集団。2007年に結成し、同年7月デビューアルバム「PARADISE」発売した。すでに200カ所以上のイベントライブ出演実績を持ち、メディアにも多数出演している。また、昨年11月には日本テレビ系「世界丸見えTV特捜部スペシャル」に出演し演奏を披露。ドラム缶から奏でられる「癒し」と「元気」の音楽が各方面からひっぱりだこの状態だ。
 そして、この注目アーティストPan Pop Paradiseが19日に、通算2枚目のアルバム「SMILE!!!!!!!!!」を発売する。今回は、初のメジャーシーンでの発売となるだけに、その注目度もさらに高まっている。オリジナル5曲に「イン・ザ・ムード」「涙そうそう」「花のワルツ」のカバーを加えた全8曲のアルバムは、沖縄の三線やピアノとのコラボレーション曲も含む、心地よい作品に仕上がった。
 22日には地元川崎市のラゾーナ川崎・ルーファ広場グランドステージで午後1時から、午後3時からの2回、そして同22日の夜には鎌倉由比ガ浜・海の家「リトルタイランド」でライブを繰り広げる予定だ。