上戸彩
(C)2009 Imagi Crystal Limited Original Manga (C) Tezuka Productions Co., Ltd.
 女優の上戸彩が18日、映画「ATOM」(10月10日公開、配給・角川映画、角川エンタテインメント)の公開アフレコ収録に挑んだ。手塚治虫氏の名作「鉄腕アトム」を原作にした米映画の日本語版。米映画ではニコラス・ケイジ等が声優を務めているが、日本語版では主人公アトムに上戸、テンマ博士には役所広司が務める。
 声優発表後初めてとなるこの日の会見では上戸がアフレコに挑戦。アフレコの感想を聞かれると「ものすごく楽しかったです。アトムが戦っているシーンで力が入りすぎちゃって喉を潰しながらしゃべるセリフがあったので、喉がかれちゃって次の日まで持ち越したりして大変でした」と話した。
 また、夏だからでしょうか?髪を切りましたよね?―という記者の質問には「アトムに合わせました…というのはウソです(笑)」と爆笑を誘った。応援に駆けつけた本家のアトム(気ぐるみ)と共に過酷な運命から徐々に力強いヒーローへ変化していくアトムの様子を描いた同映画の魅力をしっかりPRした。