福田沙紀
都内で3年ぶりに生ライブを行った福田沙紀
 テレビ朝日系ドラマ「メイド刑事」の主演を務め、2年5カ月ぶりに歌手活動を再開させた福田沙紀が12日、東京ドームシティのラクーアガーデンステージで3年ぶりに生ライブを行った。
 ライブは、前日に京都で同ドラマをクランクアップさせ、当日はフジテレビ系「笑っていいとも」出演後に会場に駆け付けるというハードスケジュールの合間を縫って敢行。福田本人は「今回のイベントは3年ぶりなのでどきどきしている」としながらも「来てくれた人と来れなかった人の分まで盛り上がりたい。私自身を待ってくれた人のためにもアーティストとして素敵なエンターテインメントを届けたい」と気合十分の様子。
 ライブでは、福田自身が曲名を決めた新曲「明日への光」と、「リーク」の2曲を熱唱。特にダンスナンバーの「リーク」はバックダンサーとともに華麗なダンスを披露。イベントに集まった1000人の観客の手拍手を誘い、盛り上げた。
 福田はライブ前の会見で「しっかりしたライブをやったことがないので将来的に曲が増えたらライブをやっていきたい」と歌手活動に意欲を示しており、ドラマ後は本格的な展開が期待できそうだ。
 なお、イベント会場のラクーアではショップスペース2階ウィンドウに、福田のドラマ衣装が展示された。福田演じる若槻葵のメイド服をはじめ特攻服、女剣士、舞妓の仕込みと劇中で七変化した着用衣装を一般公開された。このイベントは今後、8月15日・大阪BIGSTEP1F大階段、8月16日・名古屋PARCO西館エントランスで、それぞれ開催される。