リップスライム
熱唱するリップスライム
 RIP SLYME(リップスライム)が10日、フジテレビ開局50周年記念の社屋イベント「お台場合衆国~フジがやらねば誰がやる~」のお台場合衆国特設ステージに、サプライズゲストとして登場した。
 「RIP SLYMEがライブを行う」という知らせ、当日の朝「めざましテレビ」にメンバー生出演のもと発表されるというビッグサプライズ。そんな突然の発表にも関わらず、午前6時から、ライブの整理券を求めるファンの列が出来るほどの盛況ぶりだった。
 この日は台風9号の影響もあり、朝から前が見えないほどの豪雨。そんな中、RIPのために熱いファンが朝からステージを待ち焦がれて、ライブ開始時には3000人を超える観客で会場はパンパンに膨れ上がった。
 午後4時半。いよいよ待ちに待った「めざましライブ」スタート。それと共に、それまで降っていた雨がやみ、会場の熱気と同じくらいの蒸し暑さの中、進められた。ステージ裏で円陣を組み、気合を入れたメンバーは、のっけからハイテンション。6月10日発売のアルバム「JOURNEY」収録曲「Good Day」でミュージックビデオでも披露しているダンスを5人全員でバッチリ決めた後は、怒涛の夏Tune。「太陽とビキニ」、「UNDER THE SUN」、「楽園ベイベー」、「熱帯夜」を次々と熱唱し会場はさらにヒートアップした。
 夏休みともあって、会場には初めてRIPのライブを見る小さな子供を連れたお母さんお父さんの姿も多く見られ、RYO-Zは「お台場合衆国、ご家族連れの方も調子どうですかー?」と、ヒップホップのマナーであるコールアンドレスポンスで会場をあおっていた。
 ライブ後半、「SPLASH」では、観客に水鉄砲で水をかけ、さらにライブを盛り上げるSU。RYO-Zは「汗びっしょりで、超きもちー。何もいえねぇ」と水泳・北島選手の真似も。「JOINT」では会場一体となり、恒例のタオル回し。タオルのない観客もうちわや手を回して会場がこの日一番の盛り上がりを見せていた。
 あっという間にライブが終了するも、すぐさま会場から「ONE」の合唱が起こり、アンコールに突入。「あの雨の中、朝6時から並んでくれた人もいたみたいで…ありがとう!」とファンへの感謝を込め、先月まで行われていたツアー中に作成したという「Good Day」の新バージョンを披露した。
 色違いの蝶ネクタイで決めた衣装が汗でびっしょりになるほどのライブを披露したメンバーは、最後のポーズをばっちり決め「みなさんがGood Dayでありますように」と大盛り上がりの会場を後にした。