デラルス
競演したデラルスとキマグレン
 今年で結成25周年を迎えるサルサバンドのオルケスタ・デ・ラ・ルスが、5日発売のアルバム「サルサ食堂~日本ラテン化計画!~」で競演を果たしたキマグレンと、神奈川・逗子海岸の海の家「OTODAMA SEA STUDIO」で発売記念コラボライブを行った。
 OTODAMAは、逗子で育ったKUREIとISEKI(キマグレン)の2人が、2005年に立ちあげた「海の家ライブハウス」。逗子の穏やかな海を愛する気持ちと、音楽(ライブ)に対するリスペクトを融合するべく誕生した、今年で5回目を迎える国内初形態のイベントだ。
 ライブ当日は、台風接近の最中にも関わらず、会場に約500人のファンが集結。デラルスのボーカルNORAは「今日はみんなを楽しませずには私たち帰れない!音霊初登場うれしい!ラテンがこんなにも似合う場所でやれて最高に幸せです!」と、サルサの激しいビートを波の音にのせ、終始熱いライブを繰り広げた。
 ステージ後半キマグレンが登場し、デラルスとの夢の初共演「オルケスタ・デ・ラ・グレン」が実現すると、会場は異様な興奮状態に突入。キマグレンとの「LIFE」「愛NEED」のほか、「空に太陽がある限り」(にしきのあきらのカバー)「Un Puesto Vacante」など全10曲を披露、会場には台風を吹き飛ばすほどの熱気と声援が吹き荒れた。
【演奏曲】
<1>空に太陽がある限り<2>Sabor<3>ARCO IRIS<4>SAVING ALL MY LOVE FOR YOU<5>Derecha o Izquierda<6>Volare<7>LIFE w/キマグレン<8>Un Puesto Vacante<En1>愛NEED w/キマグレン<En2>25 Anos。