はるな愛
はるな愛のモノマネに戸惑い気味?の広瀬香美(左)
はるな愛
エア広瀬香美を披露するはるな愛
 タレントで歌手のはるな愛(37)が8日、東京ドームシティのラクーアガーデンステージで、セカンドシングル「夏凸凹ラブ(ナツデコボコラブ)」の発売記念イベントを行った。
 はるな愛といえば“エアあやや”で大ブレイクし、今やテレビ・ドラマ・舞台と引っ張りだこの人気タレント。昨年12月にエイベックスから歌手デビューし、今月5日に2作目となる本作を発売した。作詞・作曲は「ロマンスの神様」等の大ヒット曲を生み出してきた広瀬香美が担当。冬の女王と呼ばれた広瀬が夏満開のラブソングを提供しただけでも注目と言ったところだ。
 イベントでは、青と白のボーダーにフリフリのスカートを合わせた夏らしいマリンスタイルで登場したはるなは同曲を熱唱。「次は“歌手”として紅白に出場したい!」とハイテンションの様子で「新ネタ披露します!」と“エアあやや”ならぬ“エア広瀬香美”を披露した。
 このパフォーマンス中にサプライズゲストとして広瀬香美本人が登場、花束のプレゼントを受け取ったはるなは、かなり驚いた様子で「化粧がとれる~!」と嬉し涙を見せた。
 トークでは「この前、お食事した時に『紅白に出たらピアノを弾いてあげる!』って言ってたの、覚えてますよね?」と何度も広瀬に確認し周囲を笑わせると、「広瀬さんとメールしていて『今日は行けない…』って返事が来ていたのに~本当に嬉しいですね!」と、広瀬のサプライズ登場に大感激の様子だった。
 最後は「みなさんに支えられてここまでこれたから頑張ります~泣いたら化粧取れちゃう!紅白頑張ります、ありがとうございます」と締めくくった。