覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で8日夜に出頭し逮捕された女優の酒井法子容疑者が、警視庁の調べに対し、同容疑を認め、「昨年夏頃に主人に勧められ使用した、一緒にやった」と、夫で自称プロサーファーの高相祐一容疑者から使用を勧められたという趣旨の供述をしていることが分かった。報道各社が9日伝えた。
 また、高相容疑者も「夫婦でやった。私が勧めた」という趣旨の供述をしていることが明らかになっており、両容疑者の供述は一致している。