覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で8日夜に出頭し逮捕された女優の酒井法子容疑者が所属する音楽レーベル、ビクターエンタテインメントは9日、酒井容疑者の関連商品の出荷停止および、9月16日に発売を予定していたベストアルバム「酒井法子ゴールデン☆ベスト」の発売を中止することを発表した。
 ビクターエンタテインメントは、酒井容疑者が逮捕されたことについて「大変遺憾であり、ファンの皆様、お客様、関係取引先様に、ご迷惑、ご心配をおかけ致しましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した上で「反社会的行為は決して許されるものではなく、弊社としても事の重大さを充分認識し、厳しく対処をしてまいります」とし、酒井容疑者の関連商品の出荷停止、関連楽曲の配信停止および、9月16日に発売予定だったベストアルバム「酒井法子ゴールデン☆ベスト」の発売中止を決めた。
 酒井容疑者は警視庁のこれまでの調べで同容疑を認め、「昨年夏頃に主人に勧められ使用した」と、夫で自称プロサーファーの高相祐一容疑者から使用を勧められたという趣旨の供述をしていることが各社報道で明らかになっている。