覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で8日夜に出頭し逮捕された女優の酒井法子容疑者が、警視庁の取調べに対して容疑を概ね認めていることが分かった。
 警視庁が行った家宅捜索では、酒井容疑者の自宅から覚せい剤の吸引器具が見つかり、器具に付着したDNA型が酒井容疑者のものと一致したことで、覚せい剤使用の疑いが強まっていた。
 酒井容疑者は現在、渋谷警察署で取り調べを受けているが、夫で自称プロサーファーの高相祐一容疑者も同署で取り調べを受けていることから、今後、別の警察署に移送される見通し。