女優の酒井法子容疑者に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕状が出た件で、警視庁が酒井容疑者の都内の自宅から押収した吸引用ストローの付着物が酒井容疑者のDNA型と一致したことが明らかになった。8日、報道各社が伝えた。
 7日に酒井容疑者の自宅から微量の覚せい剤が押収され、その後、夫で自称プロサーファーの高相祐一容疑者が「妻も使用していた」という趣旨の供述をしていたが、今回の件で、酒井容疑者自身が使用していた疑いが強まった。