覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された自称プロサーファーの高相祐一容疑者が、同容疑で逮捕状が出た妻で女優の酒井法子容疑者について「妻も使用していた」という趣旨の供述をしていることが分かった。7日、産経新聞が捜査関係者の話として伝えた。
 酒井法子容疑者は、3日未明に高相容疑者が逮捕された後、長男と共に連絡が取れない状態となり捜索願が出されていたが、長男は6日に都内で無事保護された。酒井容疑者は依然行方が不明となっているが、7日になって事態は急変、酒井容疑者が覚せい剤を所持していた疑いが強まったとして警視庁が、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状を取った。