メンバー3人が韓国の所属事務所に対し専属契約効力停止仮処分をソウル中央地裁に申し立てたことで解散危機が報じられた、韓国出身5人組ボーカルグループの東方神起について、日本の所属事務所であるエイベックス・エンタテインメントは6日、日本での活動を全力でサポートしていくことを発表した。
 6日にエイベックスの公式サイトを通じて発表されたもので、エイベックスは、韓国の所属事務所であるSMエンターテインメント側から「基本的に(三人の)メンバーも法律事務所側も日本での活動を行う」との回答を受けて、日本における東方神起の活動について「全力でサポートしていく」との方針を明らかにした。