エフティーアイランド 韓国のイケメン5人組バンド、FTIsland(エフティーアイランド)が、「FTIsland Tour 2009 -I believe myself-」と銘打って、7月1日名古屋公演を皮切りに、3日大阪、4日東京と、東名阪ライブツアーを行う。
 FTIslandは、今年2月発売のライブDVDがオリコンデイリーチャート最高6位を獲得し、4月にはセカンドシングル「I believe myself」を発売するなど、日韓双方で精力的な活動を行う、今最も勢いのある韓国出身バンド。
 今年1月にメンバーのウォンビンが脱退。今ツアーのタイトルにもなっているセカンドシングル「I believe myself」から新メンバーとしてソン・スンヒョンを迎えており、今回のツアーはそんな「新生FTIsland」として初のツアーライブとなる。
 さらに、4月のシングル発売に続き、5月そして6月と2カ月連続でライブDVDをリリース。日韓両国をまたにかけながらも、とどまるところを知らず全速力で突っ走っているFTIsland。抜群のルックスとフレッシュさに加え、高い音楽性を兼ね備える彼らが、アイドルという枠をも超えた活躍で昨今の韓国アーティストブームをさらに加速させていく。
 ▽FTIslandとは
 2007年6月に韓国でデビューして以来、各新人賞を総なめし、10代の圧倒的支持を得た彼らだが、自分たちの音楽の方向性を見つけるべく、2008年4月から日本へ短期間の音楽留学を決行。6月にアルバム『Prologue of FTIsland -soyogi-』をインディーズレーベルでリリース、6~7月に開催したライブツアー(東名阪)も大盛況のうちに終了した。
 2008年7月より韓国を拠点として活動する中で、12月にファーストシングル『The One』リリース、2009年1月には新春ライブ開催、2月には日本初ライブが収録されたファーストDVD『FTIsland 1st Live in Tokyo~Cheerful Sensibility~』をリリースしている。4月にはセカンドシングル『I believe myself』を発売し、日本でも精力的に活動を続けている。