BINECKS アニメ声優としてだけではなく、声優ユニット「スフィア」としても活躍している、豊崎愛生(とよさき・あき)が、7月8日に発売されるロックバンドBINECKS(バイネックス)のシングル「Blue Feather」の新テレビCMのナレーションに挑戦、そのCMが18日深夜に放送された。豊崎がアーティストCMナレーションに挑戦するのは今回が初めて。
 CMでは冒頭から豊崎の魅力が前面に押し出され、BINECKSのサウンドも重なって描写・声・楽曲とも印象に残る内容になっている。このCMは期間限定で放送されるファンにとってはプレミア級の企画で、来週の25日同じ時間帯で放送される予定だ。
 BINECKSは元SIAM SHADE(シャム・シェイド)のギタリスト、DAITA(ダイタ)が率いるバンド。今年結成2年目を迎えた。7月8日発売のシングルは「Blue Feather」は、約1年ほど前から制作されていた楽曲で、心地良く響く爽快なロックナンバー。爽やかに相応しい夏の時期での発売を迎えるまで温められていたという経緯があり、大切な曲となっている。同曲はCD発売に先駆けて6月17日からは各モバイルサイトにおいて、着うた配信もされている。