福原美穂 初アルバムが大ヒットを記録し、初のツアーは全公演即日完売させたシンガーソングライターの福原美穂が16日、六本木ヒルズのMADO LOUNGEで、22歳女子限定ライブを行った。先週19日に誕生日を迎え22歳になった福原はノラ・ジョーンズのカバー曲「Don’t Know Why」等を披露した。
 同イベントは福原のニューシングル「HANABI SKY」が16日に発売されたのを記念して企画されたもので、22歳女性限定「HANABI SKY LOUNGE~LIVE&TALK~」と題して、J-WAVEリスナーと、レコ直ユーザーに向けに開催された。
 招待者を22歳女性に限定した理由として、福原自身が先週22歳の誕生日を迎えたから。イベントでは新曲「HANABI SKY」の歌詞にちなみ、「♪20年以上も生きてんのに 恋がうまくなれない」と歌い上げ、恋愛に悩む同世代の女性たちと恋の悩みを分かち合った。この日はアコースティック編成で演奏され、D収録曲の他にもノラ・ジョーンズのカバー曲「Don’t Know Why」等も披露し、ライブを楽しんだ。
 ニューシングル「HANABI SKY」は、6月頭に日本最大級の歌詞サイト「歌ネットモバイル」にてアクセスランキング1位を獲得しており、すでに同世代女性の共感を得ている。
 招待された観客は、米ロサンゼルスの黒人教会で“奇跡の子”と称された福原美穂の歌声に酔いしれる反面、22歳の等身大の恋愛の悩みを参加者たちと分かちあっているギャップに感動しながら「美穂ちゃんは友達のように親近感が持てるけど、やっぱりモノ凄いシンガー」と絶賛していた。
 また、この楽曲のジャケット写真の撮影は女優の香椎由宇が手掛け「初めて聴いた時、ありのままの美穂ちゃんだなって」とコメントを寄せている。雑誌の対談がきっかけで知り合い“同世代の女の子に撮影してほしい”と福原からのリクエストで実現。「ガールズ・トークしながらの撮影ですごく楽しかった。女性目線で素敵な写真です」と仕上がりも大満足している。
 福原は今年の夏、この日披露した楽曲は引っ提げて夏フェスに挑む。