GLAY 今年メジャーデビュー15周年を迎えた日本を代表するロックバンドであるGLAYが6月7日、横浜みなとみらい「日本丸メモリアルパーク」で東京近郊では初となる野外フリーライブ「GLAY 15th Anniversary Special 2009 THE GREAT VACATION VOL.1 ~SUPER BEST OF GLAY~ “MEET & GREET VACATION”」を敢行した。GLAYとしての野外フリーライブ及びゲリラライブは今回で3回目。
 この野外フリーライブは、メジャーデビュー15周年及び、6月10日発売のベストアルバム「THE GREAT VACATION VOL.1~SUPER BEST OF GLAY~」の発売、そして8月15、16日に行われる横浜日産スタジアムでのライブ開催を記念して開催されたもの。
 公演の発表については、メジャーデビュー15周年にあたる5月25日よりホームページにて何かを予感させる謎のカウントダウンが始まり、開催3日前に「MEET&GREET VACATION」横浜にて開催決定、といった情報のみを告知、開催場所等の詳細はフリーライブ当日の6月7日午前8時にGLAYオフィシャルモバイルサイトで発表された。尚、ステージ近くの広場に集まれるのは約4500人ということで、発表後には入り口から約1キロメートルにも渡る長蛇の列ができ、会場近辺には当日発表にもかかわらず約1万5000人が集結した。
 午後2時頃、日本丸よりメンバーが登場し、ステージ上に登壇すると約4500人の大声援で会場は早くもピークに。ボーカルTERUの「まずは楽しく安全にね。」「じゃぁ 熱くいこうぜ!『彼女の“Modern…”』」というMCでメンバーの演奏がはじまると会場は一層熱い声援に包まれた。2曲目「VERB」の演奏が終わるとリーダーのTAKUROは、「15周年の6月10日にアルバムを出します。こんなに愛情をもてるベストアルバムは出来ないというくらい注ぎ込みました。今年はライブを沢山やります。みんなと築き上げたGLAYのスタイルを今年いっぱい出し切って、また新しいGLAY像を求めてまた旅に出ましょう。」と熱く語った。そして最後の演奏曲「ACID HEAD」が終わるとTERUより「ありがとう。朝早くから並んでくれて本当にありがとう。15年間頑張ってこれたのもみんなのおかげだ!日産スタジアムで会おうぜ!サンキュー」と語りステージを締めくくった。
 6月10日には9年ぶりのベストアルバムリリース、6月15日からはホールツアーのスタート、そして8月15日、16日には日産スタジアムでのデビュー15周年記念ライブの開催など、今年の夏は日本列島がGLAY一色に染まりそうだ。