8月8日公開の映画「HACHI 約束の犬」の日本語版主題歌に、青山テルマの「忘れないよ」が決定した。テルマが洋画の日本語版主題歌を担当するのは今回が初めて。秋田犬「HACHI」の主人公パーカーに対するせつない想いと、歌詞が見事にリンクした楽曲となっている。

 映画は、日本で生まれ感動を呼んだ「ハチ公物語」をハリウッドで映画化されるもの。舞台はアメリカの郊外。迷い犬になった秋田犬とリチャード・ギア演じる教授の深い愛情と信頼を綴った物語。
 自身も犬を飼っているという愛犬家のテルマが映画のテーマに魅了され、その繊細かつパワフルな歌声で作品の世界観を歌い上げている。

 テルマは「高校生の時に一番待ち合わせをした場所が渋谷のハチ公。自分の『マドンナ』という曲にも、『ハチ公で待ち合わせ』という歌詞があるんです。映画は大好きで、リチャード・ギアさんが曲を聴いてくれたそうなので、感動しました。時間があったら、お客さんとして映画館に行きたいな。『エンドロールが流れるまで、席を立たないで』ってお客さんに言おうかな(笑い)誰かを想う強い気持ちがすごく表現されている映画だと思っているので、家族でも友達でも恋人でも皆でこの映画を観ていただければいいなと思っています」と話している。

 楽曲は6月13日から「HACHI 約束の犬」の予告編が全国の劇場で公開予定。