菅原紗由理 第3回レコチョク新人杯のグランプリに菅原紗由理(すがわら・さゆり)のデビュー曲「キミに贈る歌」が輝いた。この新人杯はエントリーされた曲のうち、5月13日から21日の期間で最もダウンロード(DL)数が多かった楽曲を決めるもので、過去には清水翔太(第1回)と、辻詩音(第2回)がグランプリを獲得してる。
 今回も各レコード会社一押しの新人アーティスト16組(阿部真央、ヴィドール、彩冷える、Camvas、sister jet、Sunya、CHIHIRO、のあのわ、腐男塾、the telephones、星羅、真野恵理奈、PLΛTINUM、マリア、UNISON QUARE GARDEN)がエントリー。2009年上半期の新人ナンバー1を決定するに相応しい内容で実施された。
 グランプリに輝いた菅原紗由理は4月8日にフォーライフミュージックエンタテイメントからメジャーデビュー。透明感あるボーカルと18歳の等身大のメッセージで注目を集めている。
 着うた、着うたフルの配信は、すでに30万DLを突破。デビューミニアルバム「キミに贈る歌」もCDが売れないと言われる時代の中で4万枚を突破した。それでも関係者は「歌詞に共感できるという同世代の口コミから始まった認知はまだまだ」と話すが、メディア露出がほとんど行われていない中でのこの実績は、幅広い層で人気を得ていると言えよう。
 レコチョク新人杯グランプリを受け、2009年は上半期だけではなく、年間を通しての「新人の顔」となることが期待される。当の本人はまだ学生で活動の幅にも制限があるが今年は夏休みの期間を利用してイベントへの参加を徐々に始めていくという。