ホワイトジャム 4人組ヴォーカル&ラップユニット、WHITE JAM(ホワイトジャム)が超ハードコアなリリースプランを明らかにした。まず4月末からは毎月1タイトルのペースで配信限定シングルをリリースし、8月には未発表曲2曲を含む6曲入りのミニアルバムを、年内にはフルアルバムを発表するという。
 WHITE JAMは、往年のファンクやソウルをベースにしながら、ハウスやR&Bといった最新のダンス・ミュージックの要素を取り入れ、その斬新かつフューチャリスティックなサウンドで、クラブ・シーンやライブ・ハウス界隈で大きな旋風を巻き起こしている4人組ユニット。
 今回の超ハードコアなリリースプランは、一つ間違えば「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる!?」とも言われてしまいがちな戦略だが、その全てのトラックが世界のシーンで活躍するヨーロッパのトッププロデューサーによる書き下ろしと、海外レコーディングであるというから、単なる「下手な鉄砲」ではないことが伺える。収録曲の中には、Leona Lewis や Sweet Box、Meyaといったスーパースターを手がけたプロデューサーたちも含まれているというから驚きだ。
 ユニットの中心的存在を担うヴォーカルのSHIROSEは「スタジオでの作業は3日に一度。その間にも作詞やライブのリハーサル、ビデオや写真の打合せなどスケジュールはびっしり。時には『今から外国へ行け』と突然言われることもあったりして、そのハードぶりは、既にトップ・アーティストなみですよ。まだあんまり売れてませんけど(笑)」と語る。
 「しかも、WHITE JAM は、単なるリード・シンガーとサポート・メンバーという構成になってなくて、そのスタンスはあくまで並列。4人全員がフロント役とサポート役をくるくる入れ替わったりするもんだから、レコーディングなんかも倍の時間がかかるんですよ」と、かつてソロでメジャーリリース経験のあるラッパーGASHIMAは苦笑いしながら語る。
 そんな彼らを手がけるインディーレーベルaudiogenic recordsは、外国曲のエキスパートとして、これまで数百曲におよぶメジャーリリースに関わってきた、いわば「曲の卸問屋」。これだけのクオリティの曲を数多く用意できるのも「なるほど」と言ったところだ。
 しかも、あまりのハードスケジュールに不安顔のメンバーたちをよそに、レーベルの担当者から「店頭でCDを買ってくれたお客さんだけに限定で配布する未発表曲や、ライブ会場だけでゲットできる曲なんかも用意しようと思ってます」とのコメントも…。そのハードコアぶりに更に追いうちをかける気たっぷりの様子だ。
 そんな働き者なユニット、WHITE JAMが毎月リリースする配信シングルは、2週間のみ先行でアーティスト公式サウンドにて「無料着うたダウンロード」ができる。