Sunya ゴスペルで鍛え上げられた歌声、本場UKで鍛え上げられたライブ力、独学で身につけたソングライティングを武器に、注目を集めてきた男性ソロシンガーSunya(スンヤ、21歳)が、6月24日にシングル「雨上がり」でメジャーデビューを果たす。
 昨年10月には地元大阪でワンマンライブを開催、230枚のチケットを完売させた。今年4月29日には10代の頃から慣れ親しんだアメリカ村の三角公園内にてゲリラライブを行い周囲を驚かせた。
 そして今月16日には自身2度目のワンマンライブを大阪Knaveにて開催することが決定し、大阪では既に盛り上がりをみせている。
 そんなSunyaのメジャーデビューシングル「雨上がり」は、13日からレコチョクで行われているブレイク必至の新人アーティストを決める『第3回レコチョク新人杯』にエントリーされている。レコード会社が激押しする新人アーティスト16組の中から、開催期間中にエントリー楽曲の「着うた」が一番多くダウンロードされたアーティストが第3回レコチョク新人杯のグランプリの栄冠を飾る。
 グランプリに一番近いと言われているSunya「雨上がり」。注目したいところだ。