lego big morl 昨年12月に発売した初のシングル「Ray」が、新人としては異例の映画&ドラマ「赤い糸」挿入歌に大抜擢された、lego big morl(レゴ・ビッグ・モール、略称・レゴ)が、初のワンマンツアーを5月15日からスタートさせる。また7月22日には待望の2ndシングル「溢れる」の発売も決定した。
 lego big morlは4人組ロックバンド。「最も活躍が期待できる新人アーティスト」として「iTunes JAPAN SOUND OF 2009」に選出され、各音楽専門誌やCDショップでも、2009年の活躍が大いに期待されブレイク必至が囁かれている。
 2009年の活動は、1月28日に1stアルバム「Quartette Parade」をリリースして以来、3~5月には全国30カ所で対バンツアーを行うなど、前半から超ハイペース。ライヴバンドとして実力も人気も急速に伸ばしている。
 そんな圧倒的ライブパフォーマンスが注目のlego big morlが5月15日福岡から初のワンマンツアーをスタートさせる。チケットは既に全公演売り切れ。5月29日赤坂BLITZでの追加公演も決定している。5月9日から追加公演のチケットが一般発売され、手に入れられなかったファンの間では争奪戦の様子を呈している。
 7月22日には待望の新シングル「溢れる」のリリースも決定。疾走感あふれる新曲は、夏のライヴシーズンにぴったりな、これまでのlego big morlらしさを裏切るストレートなロックサウンド。ポカリスエットPresents「ブカツの天使」テーマソング(6~7月)/日本テレビ系火曜「サプライズ」内コーナー「がんばれ!ブカツの天使」テーマソングにも起用されており、部活に熱中する世代にとって、話題必至の夏ソングになりそうだ。