今年デビュー20周年を迎えるTHE BOOMのリーダー宮沢和史の20周年に込めるコメント。
 宮沢和史「今までも何回か、活動休止の期間があったんですが、僕らは目標がないまま、音楽活動を続けることが出来ないんですよ。苦しい場面でも続けるという選択もあるんでしょうが、僕らにはそれが出来ない。今回は休止期間も長かったし、作品も出してなかったんですが、20周年を迎えるというのがどういうことなのかを考えた時に、20年間、同じメンバーでバンドを続けてきたのは自分たちの力だけじゃないと思ったんですよ。
 THE BOOMは4人だけのものじゃなくて、関わってくれたすべての人のものだな、ファンの人たちもTHE BOOMの一員だから、20周年を皆さんと祝いたいし、感謝したいなって。そこで僕らに関わった人、これから関わることになる人、すべての人に向けたラヴソングを作りたいと思ったんですよ。自分にとっての新しい目標が生まれたというか。すべての人への愛の歌、感謝の歌でアルバムを1枚作ってみたくなった」。