the generous  2人組ユニット、the generous(ジェネラス)のギタリスト兼コンポーザーの大西克巳が、表の活動から退くことが分かった。音楽クリエイターとしての知識と経験を蓄える活動に集中するためで、今後はサウンドプロデューサーとして同ユニットを支える。
 大西はこれまでに布袋寅泰や宇多田ヒカル等のライブにギタリストとして参加する一方、倖田來未やKAT-TUN、Crystal Kayへの楽曲提供と、ジャンルレスなコンポーザーとしても活躍している。
  the generousではサウンドの要として、矢沢永吉の長女でボーカルのyokoとの2人組ユニットとして昨秋デビュー。これまでに映画「釣りキチ三平」主題歌を手がけるなど、話題を集めていた。今回、大西が裏方に回ったことで、the generousはyokoのソロユニットとして活動を進める。