スルーザブレイク
キットカット
キットカット商品パッケージ
 今月6日に発売されたネスレのチョコレート菓子「キットカット」で音楽デビューを果たした、謎の新人ヒップホップユニット、スルーザブレイクの新曲がわずか2週間で10万ダウンロード(DL)を超えた。
 この新曲は「キットカット」の新商品「スルーザブレイク<サクランボ味>」のキャンペーンとして配信されたもので、同商品パッケージ内に掲載されたQRコードから指定のサイトにアクセスすると、彼らのデビュー曲がダウンロードできる。同商品は6日に発売され、ダウンロードもこの日からスタートしたが、USENの調査では23日現在で13万DLを記録し、同社が提供するほかの楽曲を抜いて、堂々の1位を獲得している。
 この新人ヒップホップユニット、スルーザブレイクは、実はプロデュースを担当したのはEXILEの「Ti amo」や「Lovers Again」のコンポーザーであるJin Nakamura氏。
 スルーザブレイクはダンス甲子園で優勝経験を持つMCと、艶やかで、力強い2人のシンガーを擁する3人組みユニットで、デビュー前には全国15カ所でキャラバンツアーを敢行し、各地区でしっかりファンを掴むという地道なプロモーションを展開。これが功を奏して10万DLに繋がったようだ。
 CDデビューはレコード会社から、という従来の常識を覆す型破りな形での発進したスルーザブレイク。デビュー曲『SAKURA MILLION』『Flower of Life』は、日本テレビ系の音楽番組「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」の4~5月度POWER PLAYにも決定しており、今後の活動が気になるニューカマーが誕生したと言えそうだ。