吉田拓郎 吉田拓郎が約6年ぶりに発売したオリジナルアルバム『午前中に…』が、発売1週目で1万3000枚を売り上げ、4月27日付オリコンアルバムランキングで6位に初登場した。
 吉田拓郎のアルバムトップ10入りは、1999年11月22日付にベストアルバム『吉田拓郎 THE BEST PENNY LANE』(同年11月3日発売)で9位(最高位は7位)に入って以来、9年5カ月ぶりで、オリジナル・アルバムでは1988年5月2日付、9位の『MUCHBETTER』(同年4月21日発売)以来、21年ぶり。
 63歳1カ月でのトップ10入りは、これまで小田和正が持っていた60歳4カ月(2008年1月14日付『自己ベスト-2』)を2歳9カ月更新する最年長記録で、吉田拓郎にとっては初の同記録1位となった。
 エイベックス移籍第1弾作品となる本作『午前中に…』では、20年ぶりに自身で全曲の作詞・作曲を担当。体調不良が重なった2007年より感じている“頑張らないことも大切”という考えをテーマに作り上げた「ガンバラナイけどいいでしょう」など全10 曲を収録している。
 なお、今回、歴代1位記録樹立という快挙を果たした吉田拓郎だが、6月21日の名古屋センチュリーホールを皮切りに、“最後の全国ツアー”『TAKURO YOSHIDA Have A Nice Day LIVE2009』をスタートすることが決定している。
 吉田拓郎本人もこの快挙について「本当に嬉しい出来事ですね」とコメントしている。