SPEED島袋寛子 SPEEDの島袋寛子が18日、赤坂BLITZでライブ「HIROKO SHIMABUKURO★ BIRTHDAY LIVE “歌うたい。”」を開催した。
 今月7日、SPEEDメンバーの新垣仁絵と同じ日に25回目の誕生日を迎えた寛子。昼・夜の部と2公演行い、会場には計1200人の熱烈なファンが集まり、彼女の生のボーカル・トーク・演出などに酔いしれ、誕生日も祝いつつ温かい雰囲気の中ライブが進行。構成も自身のシングル・アルバム楽曲、未発表曲「ないものねだり」「道」、Coco d ’Or(ココドール)次回のアルバムに収録予定楽曲として「Don’t know why」「Alfie」、カバーソング 「テレサ・テン/時の流れに身をまかせ」「山口百恵/さよならの向こう側」「DREAM COME TRUE/go for it!」、沖縄民謡として「心の詩」などバラエティー豊かな選曲で、アンコール含む全18曲を熱唱した。
 ライブ中のMCでは「SPEEDとして再始動してきて、今改めて一つ一つの出会いを大切に、またみなさんに幸せが生まれる機会をどんどん作っていきたいです!」と、SPEEDの再結成についての喜びを報告。
 SPEEDの新曲、「S.P.D.」(2009年5月27日発売)についても「すごく踊ってて、今までにない曲に仕上がりました!みなさん!ぜひチェックしてください!」と話した。今作は海外作曲家を迎えBrand New SPEEDともいえる超ダンサブルな楽曲に初挑戦している。今までとは全く違ったコンセプトで新生SPEEDをアピールしていくという。また夏に SPEEDシングルを今の彼女たちでレコーディングした音源をアルバムにして発売を予定している事や、全国ツアーもやりたいと思っている事などSPEED の今後についても語っていた。
 ライブ終了間際には、予定にないBGMが突如流れ始め、本人がビックリしているところに、お笑い芸人のキャン×キャン(長浜之人・玉城俊幸)がバースデーケーキを持って乱入するというサプライズもあり、会場のファン全員と共に誕生日のお祝いも行っていた。今後の抱負は?という質問に「チェンジ!チャレンジ!正直に!が今後の私の3大抱負です!」と力強く宣言していた。SPEEDとして、またソロとしての島袋寛子の活躍が今年も大いに期待される。