アジア全土で活躍してきたBoAが現地時間17日に、アルバム「BoA」で全米デビューを果たす。日本ではこのアメリカデビューアルバムと国内向け2枚目ベストアルバムが同梱された“世界初”のベストアルバム「BEST & USA」が同日に発売される。
 2000年に韓国で、翌年14歳で日本でデビューし、今年アーティストとして異例の3度目のデビューをBoAはこう語る。
 「私のことを誰も知らない場所だからこそ、逆にいろんなことが試せると思うんですよ。いろいろ新しい経験もできると思うし。『アメリカで命かけます!』みたいなことを言う性格でもないですし(笑)、自分がやるべきをことをとにかくきちんと頑張ろうかなって。全米デビューに関しては3年くらいかけて準備してきたことでもあるので、日本のみんなにも好きになって欲しいですね。もちろん日本での活動も頑張ります!」
 また、日本のベストに関しては
 「振り返ってみると、いろいろやってきたんだなぁって思いますね。こういう曲もあったなぁって。ベストっていうのは今までの自分の財産をまとめた感じでもあるので、すごく嬉しいです。みなさんには是非聴いてもらいたいです。」
 18日からは「USAデビューアルバム」に収録されている楽曲をmu-mo、レコチョク、iTunes Music Storeなど、大手配信サイトにて大量配信される。
【リリース情報】
▽日本ベスト盤
切ない失恋を歌った「永遠」、Crystal Kay、VERBAL(m-flo)とのコラボレーション曲「UNIVERSE」の先行シングルをはじめ、最大ヒットシングル「VALENTI」、クリスマスの定番ソング「メリクリ」のリレコーディング&リアレンジバージョン、オリコン1位シングル「DO THE MOTION」、ミリオンダウンロード楽曲「Winter Love」などを収録。
▽アメリカでビュー盤
ファーギー、メアリー・J・ブライジ、ビヨンセ、アッシャーなど錚々たるアーティストに楽曲を提供しているSean Garrettをはじめ、Brian Kennedy、Bloodshy&Avantなど世界に名だたるプロデューサー陣が参加。