安室奈美恵
安室奈美恵
安室自身もキャラクターとしてアニメに登場する
 3月18日にリリースされる安室奈美恵の新曲「WILD/Dr.(ワイルド・ドクター)」のミュージックビデオが初のフルアニメーションビデオになることが分かった。安室が登場する初のフルアニメーションで「時空を超えて『世界平和』のメッセージを伝える」という壮大な社会派ミュージックビデオとなるようだ。
 西暦3000年の設定で、環境破壊や大量殺戮兵器といった人類の愚行により廃墟化した地球を舞台に描かれている。ストーリーはこんなかんじだ。
 地球に残されたコールドスリープ状態の安室とギリシャ神話の時を操る神=ドクター・クロノスの2人が、過去を生きる人類に未来からのメッセージを届けるために動き出す。ところが実験はすんなりとはいかず、安室を2500年代の地球、2200年代の地球へと送り届けてしまう。そこで見た世界は、悲しい地球の姿。落胆や戸惑いの中、希望を捨てず、明るい未来のために移動する安室奈美恵。やがて200年代にたどり着き、1人の少女にメッセージを伝えることに成功する。安室は何を伝え、少女は何を感じたのか。果たして地球の、人類の運命は変えられるのか―。
 続編を感じさせるエンディングで、ハイクオリティーの作品に仕上がっている。
 このミュージックビデオは、安室の呼びかけで日本屈指のアニメーション作家やスタジオが大集結して作成されたもの。独特のアニメーション技術で、映画、CM、ゲームなどの領域において前衛的な作品を発表してきた新進気鋭のアニメーション会社「神風動画」と組み、通常数カ月かかる製作を、たった1カ月で壮大なアニメーションを仕上げた。
 企画の指揮をとるのは、ヴィダルサスーンのCMなども手がけるクリエイティブディレクター・佐藤秀一氏。アニメーション監督・水崎淳平氏(神風動画主催)と、“妥協は死”を合い言葉に日本屈指のアニメーション作家やスタジオが大集結。「AKIRA」、「スチームボーイ」を制作したトップクラスのアニメーションチーム「サンライズ荻窪スタジオ」をはじめ、スタジオジブリの劇場アニメーションを手がけるアニメーションチーム、劇場版ポケットモンスター等のアニメーションを手がける「スタジオじゃっく」、個人製作アニメーション界のカリスマ「木霊」、グラフィックデザインをサポートする「快的」、CGプロダクション「アニマ」、アニメーションスタジオ「REALTHING」など、日本全国から総勢40人強のチームがこの制作に参加し、渾身の一作が完成した。
 アニメーション制作の最終段階では、「Dr.」の楽曲プロデューサー、Nao'ymt氏も加わり、細かく効果音を追加し、楽曲およびアニメーションの世界をさらにリッチなものにした。もはやミュージックビデオの域を超え、壮大で新しい作品に完成したと言えるだろう。
 このミュージックビデオは3月18日に発売される安室奈美恵の新曲「WILD/Dr.」(CD+DVD)に収録されている。
【関連サイト】
▽安室奈美恵オフィシャルホームページ
http://www.avexnet.or.jp/amuro/index.html
▽VISION FACTORYホームページ