マリエ・ディグビー 洋楽アーティスト、マリエ・ディグビーが3月8日、東京・表参道ヒルズでアコースティック・ライヴを行った。6日放送のフジテレビ系「とくダネ!」、「笑っていいとも!」で紹介され話題を集めている彼女。この日は4日発売になったJ-POPの名曲カヴァーアルバム『Second Home』のプロモーションとしてライブを行い、澄み切った歌声で集まった観衆を魅了させた。
 今回のアルバムのプロデューサー、シライシ紗トリが自身のユニット「ラヴァーズソウル」でライヴのバックバンドを務めるスペシャル編成のライヴは、もちろんアルバ ム『Second Home』からの曲でスタートした。まずは「gravity」(LUNA SEA)、続いて「涙そうそう」(夏川りみ)を披露し、聞き覚えのあるJ-POPのメロディーが表参道ヒルズの館内に響き渡ると、買い物客の多くは足を止め、彼女のライヴに魅入った。
 その後、デビューアルバム『unfold』から「Say It Again」、「unfold」そして『unfold』にも収録されている「unbrella」(リアーナ)を披露し、また今年の初夏にリリースが予定されている待望のセカンド・アルバムからの新曲「ComeTo Life」 を早くも披露、ファン達を喜ばせ大盛況の中幕を閉じた。
 ライブ終了後には即売会が行われ、マリエはひとりひとりのファンと握手を交わし、日本語と英語を交えながら「来てくれてありがとう!」と話していた。
 3月9日からは関東地区を中心にプロモーションを行うマリエ・ディグビー。テレビやラジオなど多くのメディアに出演する予定だ。
▽オフィシャルHP
http://avex.jp/marie/ (PC/携帯共通)