0 SOUL 7
メジャーデビュー後2度目となるワンマンを行った0 SOUL 7
 先月7日にメジャー初フルアルバム「zero soul seven IV」をリリースした2MC+1DJユニット、0 SOUL 7(ゼロソウルセブン)が2月27日、東京・表参道FABでメジャーでは2度目となる、ワンマンライブ「SWAY LIFE Vol.2」を開催。代表曲「東京元年」「薬箱」など9曲を披露し、詰め掛けた約200人のファンを熱狂させた。
 昨年7月にデビューシングル「東京元年」でメジャーデビューした、0 SOUL 7。今年1月7日にリリースした1stフルアルバム「zero soul seven IV」が関東地区をはじめ、メンバーの地元である静岡・愛媛や、福岡・熊本、名古屋などで好調な売れ行きを見せている。各地からの根強い人気に後押しされる形でこの日、メジャーデビュー後では2度目となるワンマンライブを行った。
 0 SOUL 7の観客層は10代の男女からスーツを着た30代のサラリーマンまでと幅広く、普段からライブハウスやクラブに足を運ばない観客層も多いのが特徴だ。この日のライブもそんな幅広い層のファン約200人が集まり、外の寒さとは裏腹に既に会場は熱気ムンムンの状態だった。
 午後7時になると、まずオープニングアクトのシュビドゥバが登場。約30分のライブが終了後、いよいよ0 SOUL 7が現れた。BABE.RYOTAの「今日はワンマンだ!やりたい放題やってちょうだい!」という言葉とともにライブがスタート。オープニング曲はインディーズ時代のアッパーチューン「CALL SOUL SONG」。メンバーのアクションに合わせるように、ファンも手を振りかざして一緒に楽しんでいる。1曲目から既に0 SOUL 7ワールド全開だ。
 途中MCで、「今日はワンマンに来てくれてありがとう。でもまだまだだから、どんどん大きなところでライブをやってみんなに恩を返したい」(BABE.RYOTA)というように、今までお世話になった家族や友人に対する感謝の気持ちや、聞いている人全てに送る“がんばるからがんばれよ”というメッセージが詰まったナンバーの数々を、観客もじっくり聞き入っている感じだ。
 今回のライブでは、1stフルアルバム「zero soul seven IV」からシングル「東京元年」「薬箱」を含む9曲、そしてインディーズ時代の代表曲「Tell you」「チェリートゥリー」「THIS WAY」や新曲「エール」も初披露。アンコール3曲を含め全18曲、約2時間のステージで幕を下ろした。
 「zero soul seven IV」で初めて0 SOUL 7を知ってライブを見に来た観客も、そしてもちろん今までのファンの人たちにも、0 SOUL 7からのメッセージを直接体感出来たライブであったろう。