青山テルマ 2009年第1弾ラブソング・コレクションアルバム「LOVE!~THELMA LOVESONGCOLLECTION~」(2月11日発売)が初のオリコン週間アルバム・ランキングで1位(売り上げ30枚)を獲得した青山テルマの初ワンマン全国ツアーがスタートした。
 その初日としてやってきた福岡で数々のヒット曲と共に、3月11日発売の新曲「届けたい・・・ feat. KEN THE390」を初披露し最高に盛り上がった1夜となった。なお同新曲は21日より着うた(R)配信がスタートした。
 このワンマンツアーはAoyama Thelma TOUR2009“DIARY”と題し2/20(金)のZeppFukuokaを皮切りに3/18のZepp Tokkyo公演まで全国5カ所計8公演を行う。
 初日福岡のステージを1時間後に控えた青山テルマは「昨日までは時間が止まって欲しいと思いくらい緊張してました。でも楽しむ事が一番! 福岡と言えば甘酸っぱい思い出があります。デビュー直後2007年のライブイベントでは20人くらいのお客さんでした。それが今日のZeppFukuokaに2000人(SOLD OUT)もの人が来て頂き、感謝感謝でほんとに嬉しい。小さなライブハウスも好きですがZeppも大好き。このツアーでも一人一人全員の顔を見て終わりたいです。1カ月間リハーサルで籠ってきました。初のワンマンですが、一人ではなくダンサーとバンドとスタッフと皆があっての青山テルマです」と、コメントを述べた。
 いよいよテルマならびに観客共に待ちかねた福岡公演がスタートすれば直ぐに会場は一体感に包まれ、最初のMCでは「福岡はちかっぱヤバイけんねー」(マジヤバイ)と博多弁で。「皆さん楽しんでますか?この日をずっと待ってました。みんなよかー。」と最高の笑顔で観客に呼びかけると、満員の会場からは「テルマァー」と暖かい声援が飛んでいた。
 ダンサー6人と5人編成のバンドを従えて、しっとりとしたバラードからノリノリのアップナンバーまで全18曲を披露。デビュー曲の「ONE WAY」そして「何度も」「守りたいもの」「大っきらいでもありがと」そして2008年上半期売り上げ第1位の「そばにいるね」などを披露。そして3/11発売の新曲「届けたい… feat. KEN
THE 390」を初披露し、満員の観客から盛大な拍手を送られた。
 コンサートの最後では、感極まり涙を滲ませるテルマに観客から「ガンバレー!」「カワイイ!」と声援をうけ、「昨日まではちゃんとできるかとか、みんな来てくれるかとか、ずっと不安でいっぱいでした。でも今日こうして来てもらってホントに嬉しい! 歌ってて良かった! もっと成長しなきゃ、みんながいてくれたら頑張れる気がする!ありがとう!」と言葉を返し、暖かい拍手に包まれた。
 「届けたい… feat. KEN THE 390」は発売情報を含めてこの日が初発表であり、これを受け21日から着うた(R)配信がスタートした。
【ツアー情報】
Aoyama Thelma TOUR 2009 “DIARY” スケジュール:
2月20日(金)  福 岡 ZEPP FUKUOKA 18:00/19:00
2月26日(木)  27日(金)※  大 阪 ZEPP OSAKA 18:00/19:00
3月6日(金)  札 幌 ZEPP SAPPORO 18:00/19:00
3月11日(水)  12日(火)※  名古屋 ZEPP NAGOYA 18:00/19:00
3月17日(火)  18日(水)※  東 京 ZEPP TOKYO 18:00/19:00
※:追加公演