レミオロメン
甲府市の成人式でサプライズライブを行ったレミオロメン
 山梨県甲府市の成人式にシークレットゲストとして、サプライズライブを行ったレミオロメン。メンバー3人とも山梨県御坂町出身で、過去にも山梨県でのライブイベントは行ったが、成人式に登場するのは初めて。
 本人達の希望もあり、今回は新成人の門出を祝うメッセージを込めて映画「感染列島」の主題歌に起用された新曲「夢の蕾」と、今や結婚式や卒業式での定番ソング「3月9日」の2曲を披露した。
 藤巻亮太(ボーカル・ギター)は「夢に向かって一歩一歩がんばって下さい!」と祝福のメッセージを送った。
 事前にまったく予告無しに登場したレミオロメン。イントロにあわせステージの幕が上がった瞬間、静かに座っていた新成人たちは歓声とともに前方へと押し寄せ、サプライズライブのプレゼントを喜んだ。「3月9日」では肩を組んで一緒に歌う新成人も多数、まさに合唱状態になった。
 そんなレミオロメンから新成人だけでなく、ファンの皆さんへもサプライズプレゼントが用意されていた。彼らにとっても大切な日「3月9日」に初のベストアルバムを発売すると同日、発表。通常はCDは水曜日発売だが、特別に3月9日の月曜日に発売する。
 2009年1月に「OORONG RECORDS」(烏龍舎・自社レーベル)に移籍。その第一弾として1月7日に「夢の蕾」をリリースしたばかり。大ヒット曲「粉雪」や「3月9日」をはじめ、デビューアルバム『朝顔』から最新アルバム『風のクロマ』まで全15曲を収録。彼らの歴史を詰め込んだ作品といっても過言ではない。
 また初回盤にしか付かないDVDには、伝説にもなっている日本初の滑走路ライブ「レミオロメンSUMMER LIVE “STAND BY ME”」の全21曲を収録予定。この春、期待No1のベストアルバムになること間違いない内容だ。
 1月23日からは全国ツアー『レミオロメン TOUR 2009“風のクロマ”』をスタートさせる。