GIRL NEXT DOOR
初アルバムで13年ぶりの快挙を果たしたGIRL NEXT DOOR
 2008年9月にデビューしたGIRL NEXT DOORの1stアルバム 『GIRL NEXT DOOR』が、1月12日付オリコンウィークリーチャートのアルバムランキングで3位を獲得した。
 これまでリリースした3作のシングル「偶然の確率」「Drive away/幸福の条件」「情熱の代償/ESCAPE」はいずれも3位を獲得していたGIRL NEXT DOORだが、今作でTOP3入りは4作連続に。男女混成グループによるデビューから4作連続TOP3入りは、なんと13年ぶりの快挙。
 このファーストアルバム『GIRL NEXT DOOR』には、「偶然の確率」「Drive away/幸福の条件」「情熱の代償/ESCAPE」などのヒット曲を収録。収録曲全14曲にタイアップが付いていることでも話題。
 昨年、デビュー前にネットでの試聴が異例の200万試聴を突破したり、デビューシングル「偶然の確率」では20パターンを超えるプロモーションビデオを制作するなど話題となっていたGIRL NEXT DOOR。
 昨年末には「第41回日本有線大賞」「第50回輝く!日本レコード大賞」にて新人賞を受賞、デビュー3ヶ月という異例のスピードで「第59回NHK紅白歌合戦」への初出場も果たした。
 年明けの1月3日には大阪アメ村にて2000人を、4日にはラゾーナ川崎で5000人を集めたイベントも実施。さらに早くもオフィシャルファンクラブ「NEXT DOOR」も設立されるなど、その勢いは止まらない。次々と新しいDOORを開き続けていくGIRL NEXT DOOR。2009年も要注目だ。