高橋幸宏
ソロアルバムの発売が決まった高橋幸宏。ソロとしては約3年ぶり
 2008年、Yellow Magic Orchestraとして28年ぶりのロンドン公演と続くスペイン公演を行う一方、原田知世、高野寛らとの新バンドpupaを主宰、アルバム『floating pupa』を発表して大いに話題を呼んだ高橋幸宏。昨年11月のpupaライブ・ツアーの感動も覚めやらぬ2009年3月11日、早くもソロ・アルバム『Page By Page』をリリース。
 ソロ・ワークスとしては、約3年ぶり22作品目となる本作は、『floating pupa』制作時と重なる2008年初頭より制作がスタート。マイペースかつ着実にレコーディングを進めてきた。‘06年発表の前作『Blue Moon Blue』、pupaのサウンドを継承しながらも、さらに大きくポップ・アップした、アコースティックかつエレクトロニカ、瑞々しくもアグレッシヴで華やかな、まさにポップ・エッセンスを自在に操る高橋幸宏ならではの作品に仕上がっている。
 本作には、高橋幸宏の呼びかけに世界各国のアーティストが参加を快諾。海外でもその音楽性を高く評価されている高橋幸宏らしく、素晴しいアーティストたちが集結した。アイスランドからはシガー・ロスのレコーディングやライヴの片腕的存在であり、美しく且つ流麗なインステゥルメンタルを発表しているamiina。ドイツからはここ近年、いつかは一緒にレコーディングをしたいと願っていたジャーマン・エレクトロ/ポスト・ロックの最重要バンドとも呼ばれるLali Puna。チリからは、Senor Coconut名義で発表したY.M.O.のカバー・アルバムが大きな話題を呼んだ、ラテン音楽と電子音楽を混淆させた実験的かつポップな音楽で知られるAtom。ロンドンからは、互いに音楽的良き理解者であり、今や兄弟的存在とも言えるSteve Jansen。東京からはこちらも旧知の間柄であり、その音楽性をリスペクトするCorneliusが参加している。
 高橋幸宏がもっとも注目し、また敬愛してやまない世界各国の愛すべき先鋭的なアーティストたちとのコラボレーションを含む珠玉の12曲。世界中を探しても見当たらない唯一無二のニュー・アルバム『Page By Page』は大注目だ。
 アルバムのアート・ディレクションを世界のブランドや一流デザイナーと親交をもつ、ファッション・ディレクター祐真朋樹氏が手がけていることも要注目。
【作品情報】
『Page By Page』高橋幸宏
TOCT-26798/3000円(税込) 初回生産デジパック仕様
2009年3月11日発売
1.Out There (Featuring Lali Puna)
2.The Words (Featuring amiina)
3.My Favorite Hat 
4.Out of Here
5.Perfect Wound (Featuring Steve Jansen)
6.The Muse
7.Emerger (Featuring Keigo Oyamada a.k.a. Cornelius)
8.Atomic Chicken Dog (Featuring Atom™)
9.You’ve Got To Hide Your Love Away
10.Indefinable Point (Featuring Steve Jansen)
11.Meteor Rain -Leonids on the morning of November 17th- (Featuring Lali Puna & amiina)
12.Valerie