supercell

 「今年インターネットで最も再生された曲」と言われて思い浮かべる曲はなんだろうか? オフィシャルにはそういったタイトルは存在しないのだが一般的に考えられる限りでは着うたのヒットを皮切りにヒットを記録した「そばにいるね」/Soulja feat.青山テルマや、テレビドラマROOKIESのエンディング(ED)曲「キセキ」/Greeeenが数百万単位の記録的なアクセスを記録している。

 しかし、それらの楽曲を持ってしても「メルト」の再生数には遠く及ばないだろう。「メルト」はニコニコ動画を始めとした動画投稿サイトなどで大きな現象を巻き起こしている音声合成ソフト“VOCALOID”の代表格『初音ミク』をアーティストとしてフィーチャリングした楽曲で2007年12月に動画投稿サイトニコニコ動画で公開されてから2008年12月現在、当時の動画は既に再生数330万PVを突破。

 さらにはインターネット上で活動しているミュージシャンによって十人十色のアレンジも加えられまた映像分野のクリエイターによって様々なミュージックビデオが作られるなどして「メルト」現象は草の根的に拡大し、関連動画を累計すると再生数は1000万PVを優に越えている。

 この2008年随一のヒット作を生み出したのは、正真正銘「名も無きク
リエーター」であった“ryo”そしてこのメルトをきっかけに始まった異業種クリエーター間の交流からryoを中心とした音楽に留まらないクリエーターユニット“supercell”が結成された。

 それからもさらなるsupercellの快進撃は止まらず「恋は戦争」「ワールドイズマイン」「ブラックロックシューター」などミリオンアクセスを超える作品を次々と排出し、これらの作品も「メルト」と同様に様々な派生作品を生み出している。日本国内においてyoutubeをも上回るトラフィックを誇っているニコニコ動画の中でも、100万再生を超える動画作品はわずか84作品しかない。なんとそのうちの4作品がryoの音楽だ。

 そうして2008年、インターネットというアンダーグラウンドシーンで「知る人ぞ知る」偉業を成し遂げてきた“ryo”、そして“supercell”の集大成とも言えるフルアルバムが遂に2009年3月4日、ソニーミュージックからリリースされることになった。アルバムタイトルは“超大型積乱雲”を意味する“supercell”。

 初回盤には CD+DVDの他に、2008年夏に頒布されたsupercellイラストレーター陣による初音ミク画集「supercell works」が復刻版として同様の仕様で加えられる。

 「初音ミク」をアーティストとみなして作り上げられる次世代のポップミュージック作品群。そのシーンから一足早くlivetune、Oster Projectといった新次元アーティストの作品がリリースされ驚異的なセールス力でアルバムランキング上位に喰いこむ中、遂に、文字通り桁違いのアクセス数を誇る“supercell”が動き始めた。この1枚はインターネットの登場によって過渡期にある21世紀の音楽業界に一石を投じる衝撃の作品になるだろう。

<作品情報>
2009.3.4 リリース「supercell」(supercell feat.初音ミク)
supercell特設サイト http://www.supercell.sc/album 
(初回限定盤)
・規格:1CD+1DVD+「supercell」画集ブック
・価格:3500円(税込)
・品番:MHCL 1493~1495
(通常盤)
・規格:1CD+1DVD
・価格:3000円(税込)
・品番:MHCL 1496~1497
<収録内容>
▽CD
恋は戦争
ハートブレイカー
ブラック★ロックシューター
くるくるまーくのすごいやつ
ライン
ワールドイズマイン
嘘つきのパレード
その一秒 スローモーション
ひねくれ者
またね
メルト
初めての恋が終わる時
▽DVD
恋は戦争
ワールドイズマイン
ブラック★ロックシューター
メルト