MAY’S MAY’Sの3rdシングル「KISS ~恋におちて…冬~」(12月3日発売)が好評だ。12月16日付レコ直着うた週間ランキングで4位を記録。着うた(フル含む)は累計25万ダウンロードを記録するなど、ヒットを飛ばしている。

 「KISS ~恋におちて...冬~」通称“KISS恋(キスコイ)”は、誰もが経験したことのある、恋におちた瞬間の“淡くて切ないピュアな心情”を描いた楽曲で、この冬のゲレンデで最も栄えそうなラブソングに仕上がっている。同姓の共感を得る切ない歌詞とメロディ、伸びやかなハイトーンボイスが融合した楽曲は、10―20代女性を中心にこの冬注目の“ゲレンデソング”として各地で話題になっている。

 日本最大規模のスキー&スノーボードの販売イベント“WINTER SPORTS FESTA season8”のCMソングとして、09年2月まで、全国で大量放送されているほか、日本テレビ系「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」POWER PLAYとしても流れている。その影響もあってか10月8日からレコ直で先行配信されると着うたは12月10―16日の週間ランキングで4位を記録。現在では着うた、着うたフル累計で25万ダウンロードを突破している。

 女性ヴォーカリストのゲレンデソングといえば、「広瀬香美/ゲレンデがとけるほど恋したい」、「松任谷由美/サーフ天国、スキー天国」などがあげられるが、キスコイも既に全国のゲレンデで流れており、冬ソングの王道として定着する可能性を秘めている。

 これ以外にも同作は、購入者対象特典(店舗により取り扱いは異なる)として、「KISS恋神社発-恋愛成就御守-」なるステッカーが封入され、これが恋愛成就の御利益がある…などとMAY’Sブログやmixiなどを賑やかしていいるが、12月12日からは携帯特設サイト「キスコイ神社」もオープン。「恋愛成就のご利益あり」とのウワサを嗅ぎつけた女子高生たちからのアクセスが殺到中で、掲示板に自らの恋愛体験を書き込んだり、“御守り”待ち受け画像をダウンロードしたりと異様な盛り上がりを見せている。

 来年1月14日には3枚のシングル曲を収録した1stアルバム「Dreaming」も発売決定しており、深刻な不況の影響を心配するスキー、スノーボード関係者も、「広瀬香美やユーミンなどのような、ゲレンデの女王再来となれば、多大な経済効果も得られる」と、MAY’Sの大ブレイクに期待しているのではないだろうか。