DREAMS COME TRUE DREAMS COME TRUEが11月15日、さいたまスーパーアリーナで約1年2カ月ぶりとなるライブツアー「DCTgarden “THE LIVE!!!” ~WINTER FANTASIA 2008~」をスタートさせた。

 吉田美和と中村正人が揃って公の場に登場したのは、昨年のNHK紅白歌合戦以来のこと。久々にファンの前で熱唱した吉田は、「頑張れるような気がする」とコメントを残して泣き崩れる場面もあった。同ライブの模様は、WOWOWで来年2月に放送される。

 昨年9月に国立競技場で行われた「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007」最終公演以来初のライブツアーとなる「DCTgarden “THE LIVE!!!” ~WINTER FANTASIA 2008~」。

 最初は泣きながら登場したものの、1万6500人ものファンの声援を受けて吉田スマイルも復活し「みんな元気だった~? 今日は泣きたいんだか笑いたいんだか」と心境を語りつつ、「一緒に笑ってくれますか? 今日も幸せにしちゃおうかね」と最高の笑顔を見せた。それを横で見守った中村も「今日ね、ライブやるの一番嬉しいの俺なんだよ実は」と語るなど、嬉しい様子。

 そんな2人は、これまでのドリカムのナンバーからウインターソングを中心に演奏。11月12日に発売されたニューシングル『連れてって連れてって』ほか『MIDDLE OF NOWHERE』、『SNOW DANCE』などを披露した。

 アンコールでは吉田が「(声援を受けて)頑張れる気がするんだよ。今の私のみんなへの気持ち」とコメント。さらにMCで「本当に来年、(ライブ)やるよね」(吉田)、「はい、やりますよ」(中村)、「今日はね、素敵な冬のイベントだけど、今度はすげえ20年のツアーをみんなに見せてやるよね」(吉田)と宣言。最後は吉田が中村に寄り添い、観客からこれまでにない拍手が送られた。

 “WINTER FANTASIA”は、ドリカムがすべての音楽ファンに感謝の気持ちを込めて毎年、様々な形で開催している冬の風物詩ともいえるイベント。今年は、数々のアーティストを紹介してきた「DCTgarden THE LIVE!!!」とのコラボレーションの形を取り、昨年のワンダーランドでのパフォーマンスで話題を集めたLOVEとともに『DCTgarden “THE LIVE!!!” ~WINTER FANTASIA 2008~』と題したツアーを12月24日まで6会場9公演行う。また、同ライブツアーでは、ゲスト・ミュージシャンとして“ギターの神様”デイヴィッド・T・ウォーカーも参加している。

 このライブツアーは12月24日にファイナルを迎える。同ライブの模様は、WOWOWにて来年2月14日(土)午後6時からHV放送される。

 番組の詳しい情報についてはこちらのサイトまで。http://wowow.co.jp/music/dct20th/