きみの友だち WOWOWFILMS「きみの友だち」が、12月13日に発表された「第30回ヨコハマ映画祭」で、最優秀新人賞と撮影賞を受賞した。最優秀新人賞には映画初主演の石橋杏奈さんが、撮影賞には芦澤明子さんが選出されている。また、「日本映画ベストテン」では、作品が第9位にランクイン。

 「きみの友だち」は、WOWOWが企画・製作する劇場用映画レーベル「WOWOW FILMS」の第2弾で、直木賞作家・重松清の長編小説を日本の名手・廣木隆一が映画化し、かけがえのない心のつながりを結んでいこうとする少年少女たちを、みずみずしく描いた感動作。

 「ヨコハマ映画祭」は、スポンサーを持たず、映画ファンが自主運営していることを特徴とした映画祭。1980年に第1回が開催され、今回で30回目を迎えた。毎年、その年に公開されたすべての日本映画の中から、「日本映画ベストテン」および各個人賞が決定される。