EMIミュージック・ジャパンは、同社が運営する携帯配信サイト「モバえみ」でインディーズ楽曲の配信を開始させた。サイト開設1周年を記念して企画されたもので、インディーズSNSサイト「ONPOO」と提携し、同SNS参加のインディーズアーティストの楽曲を「モバえみ」と、レーベルモバイルが運営するレコード会社直営♪」(レコ直♪)で配信を開始させた。


 配信楽曲は「ONPOO」サイトでの試聴ランキング上位楽曲やライブ実施予定で選んだレコメンド・アーティスト3組の楽曲を2曲ずつ配信。また「モバえみ」では、毎月、3組のアーティストを特集展開するとともに「着うたフル」を配信する。
 「ONPOO」は全国672組のライブハウスアーティストが参加するSNS楽曲試聴サービスで、音楽WEBマガジン「ONPOO.net」と、オリジナルのSNS型音楽配信 プレイヤー「PooPlayer」からなる、ライヴハウスアーティストの音源を楽しめるサービス。「PooPlayer」は、アーティストが設定した回数(期間、期日)、フル尺で楽曲を聴くことができる。
 また、他のユーザーがどの曲を聴いているのかを知ることができるため、人を介して新しい音楽に出会うことができる。アーティストはONPOOに楽曲試聴を依頼すれば、このサービスに加わることができる。
 「ONPOO」は、楽曲試聴をメインにアーティストの活動をサポートしているが、サイトで注目されている楽曲をタイムリーに「着うたフル」で販売することで、インディーズ・アーティストをさらにサポートする。
 EMIも、「モバえみ」経由で「ONPOO」の楽曲を配信することで、インディーズ・ファンからのサイト認知につながり、“店舗”としても新たな「ミュージック・サービス」を実施するきっかけとして考えている。
 現在「モバえみ」では、スタート1周年を記念して、会員向けや新規会員獲得のためのさまざまなキャンペーンを展開している。また、着うたや着うたフルを送ることができる「うたギフト」の特集ページも立ち上げている。