ハルフウェイ テレビドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系)など数多くの大ヒットドラマを送り出してきた脚本家・北川悦吏子氏が初めて監督を務めた映画「ハルフウェイ」の完成披露試写会が9日、都内で行われ、同氏ほか、主演の北乃きい、岡田将生、プロデューサーの岩井俊二氏が舞台挨拶を行った。

 また、上映前には本作で音楽を担当したsalyu(サリュ)がプロデューサー小林武史氏とともに主題歌「HALFWAY」の生演奏を披露した。

 映画は卒業という人生の節目を前に揺れ動く高校生2人の恋愛模様を描いた作品。北川監督は「ふたり(北乃きい、岡田将生)は、お芝居が終わっても役に入り込んで延々と続けてて。すごい迫力で、ぜんぜん違うシナリオを魅せてくれて、感動して泣きましたね」と明かせば、北乃も「別に作ってやったわけじゃなくて思ったまま言ったことを岡田くんが心地よく返してくれて、素直でナチュラルな演技ができた」と笑顔で感想を述べた。一方の岡田は「カットという声が聞えなかった」と拍子抜け。岩井氏も悪ノリして「カットを掛ける前にテープチェンジ」。これには北川監督も「タイミングが分からなかった」と苦笑い。

 上映前にはプロデューサー小林武史氏と主題歌を歌うsalyuが登壇。劇中音楽とともに今回初めて映画のプロデュースを担当した小林氏は「わくわくどきどきのかんじでしたね」と語り、曲への想いを尋ねられたsalyuは「不器用なんだけど純粋という、心のパッションを描いてみました」と語った。

 照明が落とされたのを合図にsalyuと小林氏による主題歌「HALFWAY」の生演奏がスタート。小林氏の伴奏に合わせて、伸びやで温かみのある歌声を披露すれば、会場内から大きな拍手が沸き起こった。曲の感想を聞かれた岡田は「すごく心に残って泣きたくなるような感じになりました」。北乃も「伸び伸びした声が良くて、この映画にぴったりだなって。本当に素敵な曲でした」と想いを語った。北川監督は感極まり涙を堪えながら「素敵な曲をありがとうございました。この曲に負けない映画が作れてたと思うので皆さんぜひ見てください」と呼び掛けた。

 映画は2月中旬にヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9等で上映される。