HISASHI
ブルーマングループとコラボするHISASHI
 GLAYのギタリストHISASHIが、12月12日開催のパフォーマンスショウ「ブルーマングループ」(会場・インボイス劇場)にゲスト出演することになった。通常公演にゲスト出演するのは国内で初めて。HISASHIはこの日限定のパフォーマンスを披露する予定だ。

 通称「青塗りの男」として話題を集めているブルーマン。過去には倖田來未との競演ライブを演じ話題を集めたこともあったが、彼らが送る国内のパフォーマンスショウは今月1日で2年目のロングランに突入し依然として人気の高さをうかがわせる。そんな彼らを祝うべく今回大物ゲストとして出演が決まったのはHISASHIだ。10年前、ニューヨークで彼らのショウを観て衝撃を受けたと言うHISASHIは、この日のために用意したオリジナルアレンジを加えたロック仕立てのパフォーマンスを考案しており意気揚々だ。

 実はこの公演、6月9日に開かれ大反響をよんだ「ロックの日」の第2弾。ブルーマンの魅力をより多くの人に伝えることをコンセプトに企画された特別公演だ。この時、ギタリストROLLYがショウの冒頭に客席側通路でソロ演奏を見せ、大好評を得た。米ニューヨークタイムズ紙でも「THE SHOW ROCKS!(ロックするショー!)」と評されるほどで、この反響が今回の開催につながった。

 ブルーマンは、ショウパフォーマンスだけではなく、音楽性も高く評価されており、オリジナルアルバム「AUDIO」はグラミー賞のベストアルバムにノミネートされている。またロックの要素をフィーチャーした世界ツアーも行っており、そのツアー「HOW TO BE A MEGASTAR」を収録したDVDは、アメリカビルボード誌の音楽ビデオDVD部門で初登場2位となる、大ヒット記録するほどの人気を得ている。

 ロックの頂点を極める両者のコラボ・パフォーマンス。違うフィールドで魅せる「ロックな世界感」は、ぜひ注目したいところだ。