第一興商が5日に発表した2008年の年間カラオケリクエストランキング(DAM対象)は楽曲別でGReeeeNの「キセキ」、アーティスト別で「EXILE」がそれぞれ1位に輝いた。

 楽曲別ランキングで堂々の1位に輝いたのは今年5月に発売されたGReeeeNの「キセキ」だった。集計期間7カ月という短い中での年間1位獲得は、今年のGReeeeNの勢いがカラオケにも反映された形だ。2007年に発売された楽曲が上位を占める中、2008年発売の「そばにいるね」もTOP10入りを果たした。また、「Lovers again」は、昨年の年間ランキング3位から今年は2位にランクアップしており、昨年にも増して人気の強さを見せつけた結果となった。

 アーティスト別ランキングでは、1位「EXILE」、2位「倖田來未」、3位に「コブクロ」という結果となった。この上位3アーティストは、昨年も5位以内にランクインしており、根強い人気を見せている。楽曲別1位に輝いた「GReeeeN」が、アーティスト別でも6位と健闘を見せた他、今年活動休止の発表をした「サザンオールスターズ」が、昨年の13位から7位にランクアップした点も、注目すべきポイントだ。

 この調査は第一興商の通信カラオケDAMシリーズで実施された。調査対象期間は今年1月から11月まで。