世界最大の音楽の祭典、第51回グラミー賞授賞式が2009年2月9日(アメリカ現地時間2月8日)、ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催される。それに先立ち12月4日(同12月3日)、授賞式会場すぐ横に位置するノキア・シアターで、グラミー賞を主催するNARAS(ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ&サイエンス)より、全110部門のノミネートが発表された。今回はゲスト・パフォーマンスを交えて行うというグラミー史上初の試みがなされ、授賞式さながらの興奮と感動が会場を包み込んだ。


 ノミネート発表のホストを務めたのはLL COOL Jとテイラー・スウィフト。そしてマライア・キャリー、セリーヌ・ディオン、フー・ファイターズ、クリスティーナ・アギレラ、さらにはB.B.キングとジョン・メイヤーの共演という、あまりに豪華なゲスト・パフォーマンスが次々と繰り広げられた。今後もこのような形式がノミネート発表で恒例化するのであれば、授賞式同様のビッグ・イベントとして世界中から注目を集めることになるだろう。
 そしてそのステージでは、ゲスト・パフォーマンスを務めたアーティストがプレゼンテーターとなり、年間最優秀アルバム、年間最優秀レコード、年間最優秀楽曲、最優秀新人賞の主要4部門を含む計7部門のノミネートを発表した。
 さて、そのノミネートだが、なんといっても注目すべきは2008年ヒップホップ・シーンの主役となったリル・ウェイン。リリースからたった1週間で100 万枚を突破するビッグ・セールスを記録した『カーターIII』の年間最優秀アルバムをはじめ、彼は計8部門という最多ノミネートとなり、第51回グラミー賞授賞式においても主役となる可能性は十分にあるといっていいだろう。また、年間最優秀アルバムなど、リルに続く7部門でノミネートされたコールドプレイや、それぞれ6部門でノミネートとなったジェイ・Z、ニーヨ、カニエ・ウェストといったアーティストはグラミー賞でお馴染みの顔だけに、いうまでもなくこちらにも注目が集まるだろう。さらに、レッド・ツェッペリンの本格的な再結成にノーといい続けているロバート・プラントと、アメリカで国民的人気を誇る女性シンガー、アリソン・クラウスも気になるところ。共同で完成させたアルバム『レイジング・サンド』が年間最優秀アルバム、同作に収録されている『プリーズ・リード・ザ・レター』が年間最優秀楽曲など、二人は計5部門でノミネートされており、この結果がツェッペリンの未来を左右するものになるかもしれないことを考えると、俄然、授賞式への期待も高まるというもの。
 そして、その授賞式で毎回大きな話題を呼ぶゲスト・パフォーマンス。中でも、想定外のコラボレーションはもはやお約束ともいうべき企画となっており、ネクストではどんなサプライズがあるのかにもぜひ注目したい。
 この第51回グラミー賞授賞式のもようは、2月9日(月)午前9:30~WOWOWで独占生中継!また、本日のグラミーノミネーションコンサートのもようは、2月7日(土)午後4:50~WOWOWで無料放送される。
 加えて、授賞式までにさまざまな関連番組がオンエアされることも決定済みだ。世界最大の音楽祭を何倍も楽しむためのグラミー賞放送スケジュールのチェックをどうぞお忘れなく(WOWOW)
【関連サイト】
▽番組スペシャルサイト http://www.wowow.co.jp/music/g2009/