苦渋の決断となりました―。NHK紅白出場を辞退したと報じられたDREAMS COME TRUEの中村正人は27日、自身のブログで辞退の理由を語った。


 冒頭「今年もオファーをいただき、また、多くの方に出演を期待していただいたドリカムは、ほんとに幸せ者です」と感謝を述べたうえで、来年3月に迎えるデビュー20周年に向けて現在、ツアーの合間をぬって新曲やライブ映像の制作等に取り組んでおり、年末年始は東京とニューヨークでスタジオ作業を取り掛かる等の過密スケジュールであることを明らかにした。
 中村は「一生に一度しかない20周年に、その20年を支えてくれたみなさんに沢山のすてきな音楽を届けたい」として「いま取り組んでいる新しく生まれるであろう楽曲達がみなさんに認められることによって、紅白や歌番組に出させていただけるようになりたい!というのが、僕らやアーティスト達の大きな目標」と心境を綴り、「みなさんに愛される楽曲を生み出すことが先決!」と理解を求めた。