<写真>初の武道館で熱唱するmihimaru GT(2008年11月26日)

初の武道館で熱唱するmihimaru GTのhiroko

 人気ヒップホップ・ユニット、mihimaru GTが24日、結成5周年目にして初の日本武道館ライブを行った。約1万人を動員したこのライブのチケットは即日完売。当日は豪華ゲスト陣に加え世界初のパフォーマンスをみせ、集まった会場をうならせた。

 結成5年目にして初の武道館ライブを実現させたミヒマル。その雄姿を見ようと会場には超満員のファンが詰め掛けた。この日朝から降り続いた雨とは無縁に会場内の熱気は上昇する一方だった。その中でも至って冷静だったミヒマルは、いつもと変らないマイペースでゆるいMCで会場を和ませ、相変わらずの親近感を感じさせていた。

 そんな彼女らもいざパフォーマンスとなると、堂々たる存在感、安心感を見せつけ、この大舞台がとても似合うアーティストに成長したことを証明した。

 この記念日には豪華なスペシャルゲストも登場。楽曲にフィーチャリングしている、九州男、常田真太郎(from スキマスイッチ)、SOFFet、さらにギリギリHEROのPVに出演している柳沢慎吾など異色のゲストが登場し、会場を沸かせた。

 また、miyakeが世界初となるi-phoneを使ってのパフォーマンスを演じるなど、ライブ以外の余興もたっぷりで盛りだくさんの内容となった。

 ミヒマルにとって、大きな目標だった日本武道館でのライブ。アンコールでは思わず感動で涙が溢れてしまい、hirokoが言葉に詰まってしまうシーンも。本人達にとっても、その場にいたファンにとっても、心に残るステージになったことは間違いないだろう。