TBSの安住紳一郎アナウンサーが25日、フジテレビ「笑っていいとも!」への出演を果たした。他局の現役アナウンサーが出演するのは当時日本テレビアナウンサーだった徳光和夫と小林完吾が1983年に出演して以来、実に25年ぶりのこと。前日、番組コーナー「テレフォンショッキング」に出演したSMAP中居正広から次回ゲストに指名された安住アナは「仮」として出演を承諾していたが、実現できるか動向が注目されていた。

 この日出演を果たした安住アナは深々と一礼して登場し、早速中居が出演している映画「私は貝になりたい」を宣伝した。スタジオ内には安住アナが出演する番組、共演者から多くの花束が贈られており、これにはタモリも思わず「ここどこの局なんだ」ともらした。

 出演が実現した経緯については「いいとも!を見て育ったものが上層部におり、勉強して来いと言われました」と、好感をもって送られたことを明かにした。注目の次回ゲストは番組「ドリーム・プレス社」の共演者である大竹まことを指名。大竹から「TBSの安住さんだよね」と言われると「TBSの安住がフジテレビの笑っていいとも!に出ております」と渋い顔で応える一幕もあった。

 なおこの日安住アナが出演する「ぴったんこカンカン」のマスコットも帯同した。