トベタ・バジュン
1stアルバムをリリースするトベタ・バジュン
 映画「西の魔女が死んだ」の音楽や、ソニー「ブラビア」のCM曲を手掛け、サウンドプロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとして数多くのアーティストとコラボレーションを重ねてきたトベタ・バジュン(Bajune Tobeta)が、1stアルバム「青い蝶」を11月5日にリリースした。今作品には、坂本龍一、高橋幸宏、大貫妙子、堀込泰行(馬の骨/キリンジ)、佐田真由美、サイゲンジなどの個性的で超豪華な顔ぶれが参加。

 このアルバムについて大貫妙子は「私たちの日常には、たくさんたくさんものがあってそれは溢れんばかりです。一度手にしたものを手放すのは簡単なことではなく、でもかかえきれないほど私たちは持つことができません。そんな暮らしの中で、それを手放そうと思う時、いったんは手にして考えます。このものとこれからも一緒にいたいかどうかを。私はこのアルバムは必ず手元に残るものだと。もしかしたらしばら聴くことがなくても。そういうものを創ることが大切なんだと心から思います。素敵なアルバムに参加させてくださってありがとう!」とコメント。

 また佐田真由美も「楽曲を頂いて聞いた時に、最初に思った事は、覚えやすいメロディだなという事でした。トベタさんの楽曲で不思議な感覚にとらわれるのは、覚えやすいメロディーだと思って歌ってみるとすごく難しくて、実は複雑なんです。歌い手は、もっと歌いたいって気持ちに駆られます。音を楽しむ事をシンプルに教えて頂いた作品でした。感謝。」とコメントを寄せている。

 夢と現実の間で起こる物語を一編の映画のようにイメージして作られたという全楽曲はカテゴリーや言葉が当てはめられないほどの美しさとシネマティックな世界観で彩られている。「青い蝶」が誘うイマジネーション・トリップ。味わったことのないようなリラクゼーションを体験できる珠玉のポップス・ストーリーは必聴である。

 またトベタ・バジュンのオフィシャルサイトでは11月6日から、スペシャルなブログパーツを配布。これを機会にトベタ・バジュンのオシャレな世界観を自分のブログに貼り付けてみてはいかがだろうか。

【リリース情報】
Bajune Tobeta『青い蝶』(HUCD-10049)
2008.11.5 Release
3150円(tax in)
<収録曲>
01. Asian Flower FEAT.坂本龍一
02. 空想絵画 FEAT.堀込泰行(馬の骨/キリンジ)
03. 静かの海 FEAT.大貫妙子
04. Clear Water FEAT.平野啓一郎
05. Thatness And Thereness FEAT.高橋幸宏
06. aeroport
07. Botan FEAT.甲田益也子
08. 太陽の色 FEAT.サイゲンジ
09. セルロイドスター FEAT.佐田真由美
10. Klavier Intergral
11. Chinsagu No Hana
12. 色彩の中へ FEAT.高野寛