melody.
引退を発表したmelody.
 今年デビュー5周年を迎え、10月8日には初のベストアルバムをリリースした、melody.が引退を発表した。22日に自身のブログで明かしたもので2009年1月をもってアーティスト活動を終える。引退後はデザイナーとしての道を歩む。

 22日付公式ブログには衝撃的な文面が載った。「私、melody.は2009年1月をもってアーティスト活動を引退いたします」。これまで11枚のシングルを世に送り出し、香里奈主演TBS系ドラマ「だいすき!!」の主題歌など、多くのタイアップを獲得してきた期待の星が惜しくも初のベストアルバムが発売された2週間後に引退を発表することになった。

 melody.「私は、幼い頃からシンガーになる夢と洋服のデザインに携わる夢を持っていました。そんななか、21歳でシンガーになることができ、5年間活動してきました。しかし、もう一つの夢でもあった洋服のデザインに携わる夢をどうしても諦めきれずにいました」。

 2003年シングル「Dreamin’ Away」で華々しくデビュー。その歌声を“プラチナムボイス”と称され、様々なアーティストとのコラボレーションなどでも話題を集めた。今年は日本に降り立って6年目の年。念願の歌手デビューを果たし知名度も獲得した。

 melody.「ベストアルバムをリリースし、デビューして5年というこの節目ともいえるタイミングで新しい道に進む決断をしようと決めました。アーティスト活動をしながらという選択肢もありましたが、悩みに悩み抜いた結果、新しい道に向けて一心不乱に進むことにいたしました」。

 デビュー5年にしてようやく発表した初ベスト。このベストアルバムには2003年のデビューシングル「Dreamin’ Away」から最新シングル「遥花 ~はるか~」まで、全11枚にのぼるシングルが収録されている。まさに彼女のデビューからの軌跡を辿るこん身の作品であり、次のステップへと踏み出す第1章の集大成とも言えるものだった。

 惜しくもベストアルバムが彼女を決断させる要素になってしまったのだが、それだけ最高の作品に仕上がったということだ。melody.は最後に「私のわがままをご理解ください。 今まで応援していただいたファンの皆様、お世話になりましたスタッフの皆様、本当にありがとうございました」と最後までファンに対する感謝の気持ちを伝えた。

 5年間で魅せた彼女アーティスト性。今後はデザイナーとしての道を歩むが、新たな形で発表される彼女作品に期待したい。