<写真>熱唱するFUNKY MONKEY BABYS(2008年9月20日)

Excite Music Festival‘08初日(1day)で熱唱するFUNKY MONKEY BABYS。このトップバッターで登場した彼らは熱いステージングで会場を盛り上げ、次のアーティストへととバトンを渡した

<Excite Music Festival‘08>◇初日◇2008年9月20日・土曜日◇さいたまスーパーアリーナ

 定刻前。会場の照明が落とされるとそれまで単独行動をとっていたファンが一体となり歓声を挙げて興奮を共有する。ステージ両脇に備えられた大型ビジョンには今日の出演者の写真が載る。いきものがかり、大塚愛、コブクロ、秦基博、FUNKY MONKEY BABYS。それだけでも歓声が轟く。ビッグネームがルーレット式にまわり出し1stステージの出演者を選定する。2回転、5回転、8回転…。回転数に応じて会場から手拍子が巻き起こる。会場の興奮が頂点に達したとき1組のアーティストの名が画面を占拠した。FUNKY MONKEY BABYS…。

 ステージに飛び出した半ズボン姿のDJケミカルを確認すると会場はこれまでにない歓喜に満たされる。あとに続くモン吉、ファンキー加藤の登場で一気にヒートアップ。「みんなエキサイトするぞ!」の合図で彼らのステージングが始まった。

ファンキー加藤「やばい!超楽しい!」

 まずは挨拶代わりに『モーニングショット』。すっかり高揚しきった空気感に加藤は「やばい!超楽しい!」とすかさずほめ言葉を掛ける。温度差を心配していた彼らの気持ちを払しょくするオーディエンスの熱狂ぶりはこの後に続くステージングまで持ち堪えられるか心配にさえなった。

<写真>熱唱するファンキー加藤

FUNKY MONKEY BABYSファンキー加藤は「やばい!超楽しい!」

 続く『そのまんま東へ』『恋の片道切符』で衝天すると、しばしのクールダウンとも言うように照明が絞られる。加藤の「ちゃんと届いてますか!おまえたちのために歌うぞ!」の宣言の後に流れたメロディは大ヒット曲『Lovin’ Life』。すっかり感動しきった身体に、続く『告白』『ちっぽけな勇気』で追打ちをかける。

 ステージ両サイドをフルに活用し走りまくるモン吉と加藤。照れ隠しとも言うべきロボットダンスでステージ前に乗り出すケミカル。会場ひとりひとりに届かせるように必死で歌い上げる姿は印象的だった。途中感極まった加藤がステージに飛び降り客席近くに乱れ入るハプニングもあったがそれだけ彼らとオーディエンスは一体化していた。

次へと繋ぐ熱きファンモのステージ

 そんなライブの締めくくりは『西日と影法師』。♪歌詞)今日の自分が 一歩進んだ 明日へと踏み出せる様に――。この曲の意味するところが今日に限ってはこのあとに続くアーティストへの引継ぎのようなものを感じた。フェス全体を通して楽しんでもらう、そんな思いの中でトップバッターの役に徹した彼らの度量。“彼らが魅せてくれたステージングが次へと繋がるように…”。その思いは間違いなくオーディエンスひとりひとりに伝わった。いずれにせよ、“このライブを終えたくない”と思わせる完璧なステージングだった。

 粋な計らいを魅せてくれた当の3人は優しく微笑み「愛しているぜ1万7000人!また会おう!」という言葉を残しステージを後にした。

<セットリスト>
00.SE
01.モーニングショット
02.そのまま東へ
03.恋の片道切符
04.Lovin’Life
05.告白
06.ちっぽけな勇気
07.西日と影法師