柴咲コウ
氷室のポーズ?をとる柴咲コウ(写真・渋谷健太郎=WOWOW)
 柴咲コウが今年7―8月にかけて自身初のツアー「Kou Shibasaki Live Tour 2008~1st~」を行った。全国6都市6会場で開催された同ツアーから、8月9日にSHIBUYA-AXで行われた東京公演の模様をレポートする。


 2002年の1stシングル「Trust my feelings」リリース以降、2003年のシングル「月のしずく」(映画「黄泉がえり」の主題歌)、今年3月に発表したベストアルバム「The Back Best」など、数々のヒット作を飛ばしている柴咲コウ。そんな彼女の登場を待ちわびるファンで会場は埋め尽くされていた。
 ステージ上に降ろされた幕に、ライトが照らされて柴咲と思われる影が映る。会場は一瞬ざわめくが、幕が上がり、その影が着物姿の柴咲とわかって、会場から「コウちゃ~ん!」という黄色い声援が発せられ、スタートからいきなり興奮状態に。最新シングル「よくある話~喪服の女編~」でオープニング。アップテンポ調の同曲に導かれ、観客は一斉に手拍子をして柴咲を快く迎え入れた。それにしても観客の凄まじさにはビックリだ。恐らく同ツアー中、このようなシーンが各地で見られたことだろう。柴咲自身も観客の反応の凄さにきっと驚嘆したはずだ。彼女自身もライブ中に「各地では本当に皆さん温かい人ばかりで、とても楽しんで歌うことができました。今日も凄く穏やかな気持ちで楽しめています」と語っていたが、観客が熱狂した姿を見て、いかに柴咲がファンに愛されているのか確信した瞬間である。
 オープニング終了後、「皆さんこんばんは~。柴咲コウでございます~。今日はとっても暑い中お越し下さってありがとうございます。どうぞ最後まで楽しんでいって下さい!」と柴咲のMC。その言葉に反応し、観客席に再び黄色い歓声が湧き上がる。その興奮を和らげようと、柴咲は2曲目に「浮雲」を披露。「よくある話~喪服の女編~」とは打って変わり、柴咲の美しい声音が聴けるバラードで観客をしっとりと聴かせる。衣装変えした水色のドレス姿も実に良く似合う。
 その後はスローテンポの「影」、「ひと恋めぐり」を立て続けに披露し、再び柴咲のMCタイムだ。会場から「誕生日おめでと~」との声に、「ありがとう~。 27歳になりました」と応えながら、「月のしずく」、「漆黒、十五夜」、「invitation」、「かたちあるもの」、「regret」などを熱唱。中でも、不思議な魅力の柴咲コウをズバリ表現? した「漆黒、十五夜」、jazzテーストの「strange space」をおススメしたい。14曲目の「若手クリエーター」を披露して公演は一旦終了。柴咲はステージを後にする。
 会場の観客は手拍子しながら「アンコール、アンコール」の大合唱。5分後、再び柴咲がステージに上がると、会場はこれまで以上にない大盛り上がりを見せた。アンコール一発目は「KISSして」。柴咲も観客にマイクを向けるなどノリノリ状態だ。歌い手の柴咲と観客が一体化した幸せな瞬間である。以降、「KISSして」のエピソードトークや質問コーナーなどのMCを挟みながら「小さな部屋」、「帰り道」を披露。最後に「今日は本当に皆さんありがとうございました。温かい気持ちでハッピーな気持ちで歌うことが出来ました。本当にありがとうございました。またね~!」とメッセージを残し、公演は終了した。
 柴咲はライブ中に「私は自分で詩を書いています。世間に対してだったり、社会に対しての思いを載せることもあれば、頭の中で思い描いてストーリー仕立てなフィクションを書くこともあります。そんな詩の世界感にも触れて頂ければ嬉しいです」と語っていた。同性の女性はもちろん、男性にも是非触れて欲しい柴咲コウの"詩"の世界。その世界感を体験できるのは、やはり"ライブ"ではないだろうか。
 WOWOWでは、「容疑者Xの献身」の公開初日となる10月4日午後6時半から「柴咲コウ Live Tour 2008 ~1st~」を放送。8月10日に東京SHIBUYA-AXで行われたツアー最終公演の模様をおくる。
 番組サイトはhttp://www.wowow.co.jp/music/shibasaki/まで。